すぐ必要な薬は病院へ|AGAの症状にはプロペシア!犬の薬やアイピル、バイアグラは通販で
山のようにある白い錠剤

すぐ必要な薬は病院へ

赤い皿に乗った薬

パートナーとの性行為時、熱が入り過ぎてしまい気が付いたらコンドームが破れていた、そんな時にはアフターピルと呼ばれる緊急避妊薬を使用することで高確率で着床を防ぐ事が出来ます、しかしアフターピルはどの産婦人科でも取り扱っているという訳ではありませんし、何よりアフターピルは保険適応外医薬品のため購入には非常にお金がかかります、そんな時には個人輸入……と言いたいのですが、実は若干の注意点があります、それは通販で購入する以上必ず発生する問題、配達時間です。
通販を常日頃活用している人も、ほとんど利用しない人もご存知の通り、通販は注文してから自宅に届くまで時間がかかります、最近では注文当日に商品を配達するサービスもありますが、基本的に注文した商品は数日後に配達されてきます。
アフターピルは避妊失敗後遅くとも72時間以内に飲まなければ避妊効果がありません、そして個人輸入で薬を手に入れた場合、通常の通販よりも手元に届くまで時間がかかり、約2週間ほど経過しないと配達されてきません。
その為、今日避妊に失敗したからと言って慌てて通販で注文したとしても、手元に届くのは2週間前後経過したタイミング、つまりすでに妊娠しているか、妊娠していなかったから薬が必要無かった時です。
なので、何かあった時にすぐに服用する必要のある即時性を求められる医薬品は、使う予定はないけれどもとりあえず手元に用意しておこう、位の気持ちで注文し、有事の際はすぐに使えるようにしておく必要があります。
大切なパートナーを守るため、事前購入と確実な備えを心がけましょう!